地域医療相談室における情報共有

介護が必要な人が在宅生活を継続していく上で、入退院時の病院とケアマネジャーの連携は必要不可欠です。
病院には医師や看護師などさまざまな医療職がいますが、入退院時の相談窓口としての機能を果たしているのは、主に地域医療相談室となります。
入院時に利用者の情報をうまく共有しておけば退院時もスムーズに連携が取れるようになります。
まず、入院が決まった時点で、地域医療相談室にケアマネジャーが訪問し、ソーシャルワーカーと在宅生活での様子や入院までの経過などの情報共有をおこなうことが大切です。
それから、医師や看護師につなぐことになりますので、家族の中で誰がキーパーソンとなるのかを知っておけば、入院中や退院時の連絡がスムーズになります。
退院時のカンファレンスでは、在宅サービスの責任者にも同席してもらい、現場サイドの支援や疑問の確認をおこないながら、在宅生活での留意点などの情報共有をおこないます。
退院時には入院前より体力が落ちていることもあるので精神面への配慮も必要です。