在宅医療の中心となる訪問看護師の役割

訪問看護は在宅医療の中心的な存在であるとともに、医師をはじめとする医療関係者との連絡では仲介役にもなります。
利用者が在宅生活を送れるように本人や家族の力を見た上で、相談相手になったり、助言したりしながら健康管理をおこないます。
ケアマネジャーに対しても、ケアプランの内容について医療の視点から助言する立場となります。
訪問看護事業所にサービスの依頼があった時には、利用者の病気に関連することのほか、家族の介護力などについて具体的な情報共有をおこないます。
アセスメントシートやケアプランなど利用者の普段の様子や家族関係の情報を提供してもらえれば、担当看護師として状況を把握しやすくなります。
事業所により規模や体制が異なりますが、緊急時や夜間、休日の対応についても担当ケアマネジャーとよく話し合っておくことが重要です。
いざというときでも担当看護師やケアマネジャーがスムーズに連携が取れるようきちんと備えておくことが大事になります。